Governanceガバナンス体制

ガバナンス体制に対する考え方

当社は、株主の皆様、お客様をはじめ、お取引先様、従業員、地域社会、行政機関等のステークホルダーとの関係を重んじ、協働に努めることが重要課題であると考えております。そのため、当社は経営環境の変化に迅速かつ公正に対応する意思決定機関を構築し、当社の社会性・透明性を確保する活動に積極的に取り組み、企業価値を持続的に向上させ、永続的な繁栄を目指します。

推進体制

取締役会・取締役

毎月1回開催し、経営に関する重要事項を決定するとともに、取締役の職務執行の監督を行い、討論・意見交換を充実させる場として運営しております。当社は、社外取締役を選任し、企業経営の専門的知見に基づき、客観的観点から当社の経営全般に対する牽制・監視をし、経営の公正性および透明性を確保しております。

監査役会・監査役

当社は、監査役会を設置しており、常勤監査役1名を含む監査役3名にて構成しております。監査役会は、原則毎月1回開催し、取締役の職務執行の適正性を厳正に監査しております。また、常勤監査役は、取締役会・経営会議等、会社の運営にかかわる重要会議には全て出席し、客観的な立場から経営活動の適正性を監視・監督しております。

経営会議

原則毎月2回開催し、代表取締役・取締役が出席し、経営に関する重要事項を協議し、会社運営の円滑性・合理性を確保しております。

ガバナンス体制