Risk Managementリスク管理体制

リスク管理体制に対する考え方

当社は、企業価値を維持し、向上させていくために、各部署と連携し、当社が経営を行なっていく上で事業に関連する内外の様々なリスク(経営目標の達成を阻害するすべての要因)を発見・認識し、その重要性を評価して、適切・迅速に対応していきます。

推進体制

リスク管理体制の整備

経営活動に係る市場リスク、信用リスク、投資リスク、コンプライアンスリスク、情報セキュリティリスク、その他様々なリスクに対処するため、当社は、リスク管理委員会を設置するとともに、必要な管理手法を整備し、当社のリスクを総括的かつ個別的に管理しております。

リスク管理委員会

原則毎月1回開催しております。リスク管理委員会では、現状のリスク管理システムの整備・運用状況を確認するとともに、新たに発見・認識されたリスクについて評価し、その対策および再発防止策を審議しております。

リスク情報の報告

各リスクに対応する責任部署の責任者は、リスクに対する評価・分析および対策・対応状況を取りまとめ、代表取締役に報告しております。

リスク監査

内部監査室は、業務執行部門のリスク管理の状況について定期的に監査を行なっております。監査結果は、代表取締役に報告し、当社のリスク管理の改善に役立てております。

ガバナンス体制

リスクマネジメントのフレームワーク

リスク管理委員会では、リスクマネジメントとコンプライアンスの状況を把握し、方針やプロセスなどを決定・実践すると共に、継続的な改善を図っています。

ガバナンス体制