Idetityアイデンティティ

ロゴ

世界中の「BUY=買える」と「SELL=売れる」を
テクノロジーで繋ぐこと。
人と人を繋ぎ、未来を生み出していくこと。
現代と未来を繋ぎ、
次世代のインフラを創出していくこと。
世界を繋ぎ、人類の未来に貢献していくこと。
BuySell Technologiesという社名は、
わたしたちが世界と結ぶ約束なのです。
未来永劫、輝く企業へ。

株式会社BuySell Technologiesは2001年1月16日に、永続的な繁栄を願い、世界に必要とされる企業になるべく創業されました。

わたしたちが永続的な繁栄を続けるためには、根源的価値のあるインフラを創出することが必要です。不要なプロダクトが淘汰されてきた世界の歴史を鑑みると、誠心誠意努力して改良に努めなくてはなりません。世の中に存在する全ての仕事は、人に喜んで頂けた時に発生する対価の上にあります。社会からどれだけ喜んで頂けたかを示す通知表こそが、業績に他なりません。人に幸福を提供できる優れた企業は繁栄し、利己的な価値の創出に留まる企業は淘汰されてしまうのです。初代ドイツ帝国宰相であるオットー・フォン・ビスマルクは『愚者は経験に学び、賢者は歴史に学ぶ』と言っています。わたしたちは歴史の先駆者達から学び、失敗を辿ってはなりません。

まずは家族に幸福を与え、喜びを提供することから始めます。そして、わたしたちに関わってくださるステークホルダーに幸福を与え、喜びを提供するのです。利他の量は、わたしたちの幸福に比例します。誰かのために一生懸命生きている人は、物心両面の幸福を実現している人が多いのです。全ての為に、わたしたちはプロダクトの創意工夫に没頭し、改善改革の毎日を送らなければなりません。

BuySell Technologiesは、ただ働く為だけのステージではなく、全スタッフの人生でありたいと考えています。

全世界に存在する全ての人が自給自足で生きていたとしたら、わたしたちの衣食住を形成するすべてのプロダクトは必要ありません。
毎日何気なく利用しているプロダクトの数々は、わたしたちの知らないどこかで改良に改良を重ねた技術者達の結晶です。様々な犠牲の中で生まれた無数のプロダクトがこの世界を形成し、わたしたちに次世代のバトンを委ねてくれたのです。命に感謝し、人に感謝し、慎んで生きていかなければ、わたしたちに幸福は訪れません。社会に貢献してきた人々の結晶に生かされているからこそ、世の為、人の為に人生を謳歌し、社会に貢献していく必要があるのです。

わたしたちは次世代の子供達に、良い時代を繋がなくてはなりません。現在の少子高齢化の問題は、日本経済崩壊を招く危機と言えます。2050年までに生産人口の約37%にあたる3,160万人が減少すると言われ、2100年には日本人は4000万人になると言われています。これが現実になれば日本経済は財政破綻し、年金制度どころか社会基盤のほとんどが成立しません。
わたしたちの子供や孫世代の未来はどうなるのでしょうか。『次世代の子供達にどんな時代を繋ぐべきなのか』という重大な課題と真剣に向き合い、経済の活性化に貢献できるインフラの創出とグローバル化に耐えうる教育やインフラの再建に貢献するのです。わたしたちは経済活動を通じて、愛する子供達の生きる輝かしい未来に貢献します。

BuySell Technologiesに所属する全スタッフは、わたしたちを支えてくださるステークホルダーの皆様への感謝を忘れてはなりません。『人を大切にすること』『感謝を忘れないこと』これこそがBuySell Technologiesのアイデンティティの源泉です。そして、使命と責任と向き合い、真に生きた足跡を残すのです。未来永劫、輝く企業へ。