出張買取サービス「スピード買取.jp」から 総合リユースサービス「バイセル」へ ブランド名変更のお知らせ

   株式会社BuySell Technologies(ヨミ:バイセルテクノロジーズ、本社:東京都新宿区、代表取締役社長兼CEO:岩田 匡平、以下「当社」)は、2018年7月1日(日)より、出張買取サービス「スピード買取.jp」のブランド名を「バイセル」に変更することをお知らせいたします。ブランド名変更により、当社が標榜する買取・販売の循環を実現する総合リユースサービスへの転換をより明確にして参ります。

新ブランドロゴ

◆変更の背景

   当社は2015年4月より、「スピード買取.jp」(https://speed-kaitori.jp/)のブランド名で、ネット型リユース事業を運営しております。昨今リユース業界は活況を呈しており、新規企業の参入や新たなリユースサービスの登場など業界自体も大きく変化しております。その中で当社は着物をはじめとした高価格帯商材の出張買取という独自のサービスを提供し、昨年は200,000件以上の査定依頼をいただくまでに成長しております。昨年からはtoC販売にも本格的に取り組み、Yahoo!Japanのオークションサイト「ヤフオク!」では出店1年目で「ヤフオク!ベストストアアワード2017」和服、着物部門 2位を受賞致しました。また、百貨店での対面販売も行うなどお客様とリユース品との接点の創出にも努めています。

   このような背景の中で、現在の買取を想起させるブランド名を見直し、買取・販売の循環を実現する総合リユースサービスを提供するブランドであることを明確にすることにいたしました。新ブランド名は社名と同じ「BUY=買う」と「SELL=売る」の単語を用いた「バイセル」とし、サービス、事業、企業が一体となって、リユース業界を牽引するサービスへの発展を目指して参ります。

◆今後の事業展開について

現在、販売事業の更なる拡大のため、新規事業の準備を進めております。また、ご好評をいただいている百貨店での催事を全国各地にて開催する予定で、出張買取だけでなく、販売においてもいつでもどこでも気軽に安心してご利用いただけるリユースサービスを目指して参ります。

   また、総合リユースサービスとして拡大を図るべく、商材の拡大やアプリ開発に着手しております。今後も多くのお客様に必要とされるリユースインフラを創出し、ヒトと社会のサステナブルな開発・発展に貢献して参ります。

◆ブランドステートメント

ブランド名変更にあたり、ブランドステートメントを一新いたしました。